忍者ブログ
こっちは昔のブログです。。。
[181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ええ、そういえば。
劇団旗揚げて4年目、はじめてやります劇団員オーディション。
現在絶賛応募お待ちしてます。
最初に、ちょっと酔ってます。書かなくていいことまで書くかもしれない。
でも、最近本当に貝のようになってしまっている自分に気付いている僕は、
情けないながらもアルコールの力を借りて今自分のおもてること全部晒してしまいたいという
強烈な衝撃にキーボードを叩く手を委ねてしまっている気がします。
だから、以下に書くことは全部本当だ。長くなるだろうけど、読んでほしいのです。

なんで劇団員募集しようってなったか、ってことなんすけどね。
あけっぴろげに話しますけどね、
単純に「ずっと一緒にやれる人が欲しい」っていうその一心なのです。
嘘じゃないっす。もう本当にそれに尽きます。

僕スゴイ惚れっぽいので、すぐ俳優さんのこと好きになるんですけど、
まあそいでうちに出てください出てください言うんですけどね、
奇跡的にタイミングが会うことって実はそんなになくってですね、
毎回とんでもない数オファーの断られをするのです。ええ。もうそりゃあ。
それって実は東京の小劇場だと当たり前になっているのかもしれないのですが、
劇団の今後を考える身としては、こんなに不確定なこともなかなかないのです。
だって次や次の次やそのまた次の「予定」は決まっていくのに、
ダレが出てくれるかわからないんですから、これは困りモノです。
そういった意味では、毎回毎回とんでもない博打的なことをして公演を乗り切っているわけです。
改めて考えるとどひゃーですね、はい。

加えて。
一回の公演でウチは死ぬほど稽古します。
これはきっとどこの誰に聞いても多分そうだ、って言うと思う。
一見さんの役者さん、僕は
「その人の持ってる一番面白いところを全面的にプッシュ」
って考えて役を書いたり演出をしたりしているんですけど、
まあ死ぬほど稽古しても探れない事ってままある。
おたがい「こんなんやったっけこの人」って思ったり思われたまんま、じゃっ!ってなること、
すげーいっぱいあるんです。コレは真実。もちろんお客様の前に提示する以上、
板の上に立つに恥ずかしくない、自信を持ってお見せ出来る状態にまではします。
だから、僕も、もちろん俳優さんも、「この一回」の枠組みの中で結果をだそうとする。
もちろんそれ自体は否定するものではないのですが、それによって切り捨てたり
諦めたりしなくてはいけない事って言うのがもうそれは尋常じゃないのです。

だからこそ、もっかい、その次も、また、ってやりたいと思うんです。
一緒にやる、ってのはめんどくさいことも多ければ、
テメエこの野郎死んでしまえさもなくば俺が死んでやる、みたいになってしまうことも
まあ多々ありますけれど、七回やってきて、やっと、その「継続していくこと」で
広がっていくことのほんのさわりのようなものが見えた気がします。

「カムヰヤッセンの作りたい芝居」
ってのがあるとしましょう。てか、まああります、もちろんあるです。
でも、「どうやりたいか」は、毎回毎回集まったメンバーによって変わってきます。
複数回参加してもらっている俳優さんにはちょっとびっくりされますが、
毎回毎回「どうやるか」は変わります。
それは僕が「自分に持っていないもの」との出会いを切実に望んでいること、
そういう頭ガン殴られるような体験を心待ちにしているからです。
幸いなことにこれまで沢山の幸せな出会いの中で沢山のヘビー・パンチを喰らってきたのですが、
先にも書いたような、即効成果主義の中ではどうしてもヘッドギアをつけ、
拳にはグラブをしなくちゃいけない。それがもどかしくてしょうがないのです。

とまあ創作面からのアプローチになりましたが、もちろんそれだけではありません。

隠さず言います。一緒に劇団やってほしいです。制作面でも。
当たり前ですけど、僕一人でできることなんてたかがしれてます。
今回の公演で改めて実感しました。それはもう腹の底から。
だから、一緒に「劇団」をやってくれる人を募集します。
もちろん最低限の社会人としての当たり前、みたいなところは持ち合わせていて欲しいですが、
それ以上に、成り上がろう、っていう志を持った人に出会いたい。
野心、といってもいいかもしれない。目のぎらついてる人に出会いたいのです。

とまあ随分と書き散らかしてしまいました。反省なんかしません、言いたいこと書いた。
これまでカムヰヤッセンの作品にいまいちはまんなかった人、全然歓迎です。むしろ歓迎。
今度はあなたが僕とボクシングしてもらう番です。
僕も覚悟を持って望みます。どうぞフルボッコしに来てください。
お待ちしています。
詳細は劇団ホームページから。
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
Профиль
HN:
キタガワダイスケ
性別:
男性
Часы
Журчание
Календарь
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Просмотры
Последние статьи
Поиск
Комментариев
[11/09 Ajiro]
[10/15 きたがわ]
[10/13 やまだ]
[04/23 ぷにぱぱ]
[03/22 きたがわ]
Штрих-код
Авторское право © カムヰヤッセンってとこの主宰やってます Все права защищены.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]