忍者ブログ
こっちは昔のブログです。。。
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稽古。
当たり前のことを、当たり前に共有していく。

すごく贅沢な時間の使い方が、最後に大切になっていく。

と演出家が言っていて、それは正しくそのとおりだと思う。

身体と意識、文字とセリフ。
駄目だったなー全然付いていかないんだ。決め打ちもいいとこだ。
自分の現場だったら自分はこの俳優にどういう興味を抱くか、と思いながらやってみるが
帰りの通りでチャリこぎながらぐしゃぐしゃになる。ダメです。
とか書いてて、クロムに客演させてもらった時のことを思い出して、
ああ、結局こんなんやったばい、と思っていたりする。

誰に向けていうわけでもないのですが、
今回きっとブログの更新頻度が上がる気がします。
ほんとかなあ、あ、やっぱ嘘かも。あ、いや、本当かも。

稽古終わって、役者陣で話してて、
そん時ふっと「僕就職するんです」って言われて、
なんだ胸をキューって掴まれた気になってしまった。
あたりまえだけどほぼ初対面の人で、
しかもまだ彼がどういう芝居するのかなんてちゃんとは知らなくて、
のくせに僕は「続けてみなよ」的なことを言ってしまった。
言ってしまった、っていうのは
「しまった!ああ」っていういみよりは、もっと単純に渡してみた。
どうやったってその人の人生に責任なんて持てないし、
もとうとすること自体がおこがましいのだけれど、
「渡す」ことぐらいだったら許されるんじゃないか、って思って、渡してみた。

誰だって不安だし、芥川の蜘蛛の糸じゃないけど、
どこかで運を待っていたりする。
でも、小島がものすごく立派な履歴書を作っていて、僕は単純にうれしくなった。
そうだよ、引き寄せるべくして引き寄せていくものなんだ。きっと。

なんか今日はえらい饒舌だ。続けるけど。

こんな風に変わっていくことも、実は半年前には全く予期していなくて、
だから僕は改めてものすごく嬉しい。
し、
これは悪い芝居がどうだ、とかって言う話ではなく、
うちの稽古場はもううちの稽古場固有のいろんなものがあったことに気づいたりしている。

そういうすごく贅沢な時間の使い方をしている。死ぬほど忙しいけど。
まあ、そんなこんなでよろしくやってます。デトックスしてます。

ついこないだまで死ぬほど吐いた言葉を、もっかいココにキチンと書いておく。
絶対勝つ。全員で勝つ。負けねえよ、おれ。

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
Профиль
HN:
キタガワダイスケ
性別:
男性
Часы
Журчание
Календарь
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Просмотры
Последние статьи
Поиск
Комментариев
[11/09 Ajiro]
[10/15 きたがわ]
[10/13 やまだ]
[04/23 ぷにぱぱ]
[03/22 きたがわ]
Штрих-код
Авторское право © カムヰヤッセンってとこの主宰やってます Все права защищены.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]